ボーカル

《歌が上手くなる方法》1ヶ月で習得できる技「しゃくり」!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
鉄板!天才YAMA-CHANGの1ヶ月で習得できる技「しゃくり」!!

〜曲の雰囲気を掴み取れ〜

「皆さん、ご無沙汰しております!!。。。YAMAです

アーティストを目指している方、それ以外でも只々歌を追求されている方、うまくなりたい方、などなど、それぞれの理由で日々精進されていることと思います!

 

さて、それでは今日も鉄板!シリーズへ参りましょうか!!

 

今日、紹介させて頂く鉄板ネタは、、、世間で一番良く言われている呼び方の、《しゃくり》です!!

もちろんこの、しゃくり!!、、、、、誰でも習得する事が出来ますよ!!

 

そしてしゃくりとは、なんぞや!と思う方、いらっしゃるかと思いますが、このしゃくり、実はメチャメチャ重要なんです!!

今世の中で活躍されているミュージシャンの方の大半がこの、しゃくりというものを使っています!!

なのでもはやこれは、歌を上手く聴かせるための技ですね!!

 

この《しゃくり》の役割として、電車で例えるなら、列車との連結部分、と言ったところでしょうか!?

ん〜実に分かりズラい。自分で言ってて恥ずかしくなってきますね。。。。汗

 

要するに、

歌っている時に発声している言葉と言葉の途中で、声が下がった位置からスタートさせてるアレです!!

今回はその《しゃくり》を伝授したいと思います!!

 

まぁ前置きはこの辺にしといて、今日も本題へ移りましょう!!

  ステップ1

まずは、なんでもいいので、声を出してみましょう!!

ここでは、ピアノ音階の「ド〜〜〜」にしときましょうか、

この時「ド〜〜〜」は音程を一定に保ってください!!

なぜピアノ音階にするかは、、、ノリです!!w

もちろん、「ア〜〜〜」とかでも結構ですが、今回は、よりわかりやすくしようと思いましたので、今回は、音階でいきましょう!!

  ステップ2

次に、先程きめた「ド〜〜〜」の音程を声に出してキープしたまま、そこから少し出す声を高くしてみましょう!!

仮に高く出した音程の方を「レ〜〜〜」としましょうか。

ここでポイント!!

「ド〜〜〜」から「レ〜〜〜」に途中で移行するのですが、スタートの

出す声を、半音(「ド♯」から「レ」)、もしくは1音下がった状態(「ド」から「レ」)から上げるのが理想です!!

そして、この「ド〜〜〜」から「レ〜〜〜」の伸ばす声のトータル秒数を5秒とした場合、基本スタートを「ド」とし、ドを1秒、レを4秒としましょう!!

ステップ1、2が出来たら、いよいよ最終段階!!

  ステップ3

〜いよいよ歌にはめてみよう〜

ここまでくるとしゃくりの概念が分かって頂けたかと思いますので、いよいよ歌のふしぶしにしゃくりをはめこんでみましょう!!

先程までド〜、とか、レ〜で例えてましたが、歌にはめ込むと言うことは、当然言葉にはめ込むことになるので、それらの部分を言葉に変換してください!!

 

そうですね〜、今日は、例題でもだしましょうか。

  課題曲!!

  

え〜〜〜と・・・・・・・「森のくまさん!!」

こちらにはめ込んでみましょう!!

オォ〜〜〜、メチャメチャしゃくりポイントがありますね!!

まず歌い出しの「あ〜る〜う〜ひ〜、森の中〜」

ここ、番号を振ってみました

  「あ〜る〜う〜ひ〜」
   1 2 3 4 

 

皆さんはどこにしゃくりをいれますか!!?

自分は1と4に入れるとくまさんを上手く聴かせる事ができますね!!

 

歌うと

  ・・   ・・
 「あぁ〜るーひぃ

 

 て感じです!!

一応しゃくってるところを強調したつもりですが、わかりずらいですかねw

 

皆さんも、こちらのフレーズでしゃくりを練習する場合、ゆっくり口ずさめば、1〜4番、どの言葉でも、しゃくれますので、ぜひ、日々練習に励んでください!!!

 

このしゃくり、上手くモノにできた時にあなたの歌唱力は、格段に上がっていることでしょう!!

レッツ・トラーーィイ!!!

 

by YAMA-CHANG ( PRODUCERS,INC )

yamachang プロデューサーズインク_ロゴ

【  関連記事 】

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

音楽スクールは、
新しい時代へ。

プロデューサーズインクとは

プロデューサーズインク