プロデュース

あの超有名タレントもオーディションを受け続けていた!大切なのは「受かるまで受ける」という覚悟。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
超有名タレントもオーディションを受け続けていた

「私はプロの歌手になれますか?」

オーディションやデモ審査を1、2回受けて、それが落選して「私は才能がない」とあきらめてしまう人達がよくいます。

そんな人達は「私プロになれますか?」とよく聞いてきます。

ただ 頑張ってればプロになれますよなんて軽々しくは言えませんが、

実際プロになっているアーティストやタレントの多くは何度も何度もオーディションとか受けてる

ってことはご存知でしょうか?

10年くらい前に大手レコード会社の新人開発セクションや大手芸能プロダクションで新人アーティストの仕込みを手伝うことがありました。

 

当時の資料を久々に整理をしていて見つけたのですが、

とあるボーカル部門のオーディションに

 icon-female デビュー前の、今や知らない人はいない超有名な読モ系タレント

  いま一番売れてるアイドルグループの中核メンバー

  また別の超有名アイドルグループのメンバー

 icon-male 日曜の人気ドラマにも出演してる俳優

 

などゴロゴロいました。

今をときめく有名人でも最初からパッとオーディションを受けて、パッと受かったわけではなかったのです。

 

またアイドル部門でもタレント部門でもなく「ボーカル部門」を受けていたというとこも興味深いですね。

 

つまり彼らは、歌だろうが演技だろうが

‘人前でパフォーマンスすることを仕事にする‘ とずっと目標にしていて

日々とりくんできてチャンスを掴んだ

ということでしょう。

 

だから人前でパフォーマンスする仕事に ‘受かるまで受けた‘ んじゃないでしょうか。

 

落ちたから何?チャンスはたくさんある、次!次!って気持ちを切り替え挑んだということだと思います。

 

「私プロになれますか?」と不安で無気力になる前に自分は覚悟を決めてやってるのか?と自問してみるとよいでしょう!

 

アーティストだったら歌や曲を人生かけて選んでるのか?

 

それともチヤホヤされたい願望だけなのか?

 

もし覚悟を決めてたら日々やることだらけです、不安になってる暇なんか全くありませんよ☆

by Yutakeda ( PRODUCERS,INC )

yutakeda プロデューサーズインク_ロゴ

【  関連記事 】

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽スクールは、
新しい時代へ。


プロデューサーズインクとは
プロデューサーズインク