作詞

「歌詞のテーマを決めよう!」初心者さん向け作詞講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「歌詞のテーマを決めよう!」初心者さん向け作詞講座

テーマが決まれば歌詞がキマる!?

YouTubeなどで歌詞を書くための練習用楽曲を決めたら、まずするべきこと。

それは「歌詞のテーマを決める」ということです。

(※もちろん歌詞のテーマを決めてからそのテーマに合う楽曲を選んでも大丈夫です!)

 

これは一番最初の工程でありながら、非常に重要なポイントだと言えます。

  作詞において「テーマ決め」がこんなにも重要な理由

作詞初心者さんによくありがちなのは
「何を伝えたいのかが分からない」歌詞を書いてしまうということ。

 

本人は一所懸命書いているのに、聴いている人には想いがいまいち伝わっていない

私の行っている作詞レッスンでも、そんな状況を打破できずに悩んでいた生徒さんが非常に多いです。

 

「想いが伝わらない歌詞」になってしまうのには、いくつかの原因がありますが、

・内容がボンヤリしている
・内容が散らかっている

 

この様な原因は、作詞をする前に「歌詞のテーマ」をしっかりと決めることで防ぐことが出来ます。

 

ただ何となく決めればいいのではありません。

テーマは「しっかりと」決める、これが作詞にとってとても重要な事なのです。

  テーマは細ければ細かいほど良い!

テーマを「しっかりと」決めるという作業は、意外と労力を使います。

例えば「恋愛」をテーマにした歌詞を書きたい!と思ったとしましょう。

「恋愛」の中にも

  • 失恋
  • 片思い
  • 両思い

 

様々な状況がありますよね。

その中で「失恋」を選んだとしたら

  • 告白してフラレた
  • 付き合っていて別れた
  • 好きな人に彼女がいた

 

などなど、細かいシチュエーションを上げればキリがないわけです。

 

実際に歌詞の中で、そこまで細かく状況説明をする必要はありませんが、

最初に

「テーマ」を決める段階で自分の中にあるシチュエーションは、詳細であればあるほど良い

と思って下さい。

 

それが、作詞初心者さんが陥りがちな「内容のズレ」「内容の曖昧さ」を打破してくれるのです。

 

by 純乃 吟 ( PRODUCERS,INC )

純乃 吟 プロデューサーズインク_ロゴ

【  関連記事 】

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽スクールは、
新しい時代へ。


プロデューサーズインクとは
プロデューサーズインク