ボーカル

《歌が上手くなる方法》1ヶ月で習得できるビブラート練習法《Vol.2》!

ビブラート練習法《Vol.2》

〜ビブラートの《元》からの脱却、そして完成系へ〜


YAMAです!
アーティストを目指している方、それ以外でも只々歌を追求されている方、うまくなりたい方、などなど、それぞれの理由で日々精進されていることと思います!

さて、それでは今日も鉄板!シリーズへ参りましょうか!!

今日は前回に引き続き、ビブラート練習法の方をレクチャーしていきたいと思います!!

それでは初めに、

前回の  ビブラート練習法《Vol.1》』のおさらいですが、ビブラートの《元》を習得するにあたって、救急車のサイレンをイメージする。と言いましたよね。
前回でその《元》を習得されたことでしょうが、正直、歌とちゃんと融合できてなんぼですよねw

なので今日はその続きにあたる応用編《ビブラート完成系》を伝授していきます!!
※(尚、今回は《元》を習得している前提で進めていきます)

  ステップ1

ではまず手初めに、ただ声を出す感じで結構ですので口を開けて「アーーー」と6秒間発声してください!
(この時出す声は、無理なく楽に出せる音程にしましょう)

  ステップ2

次に、ステップ1と同じく6秒間発声するのですが、

今度は上下に揺らしながら発声します!が、
この時、以前の《ビブラートの元》の時と違い、今度は口を開け「ア〜」と発声しながら揺らしてください!!

イメージは《サイレン》です!!※〜ビブラートの元を取得せよ〜を参考に。

  ステップ3

ステップ1、2、を共にクリアしたらいよいよ《ビブラート完成系》の最終段階

それぞれ1と2を合体させましょう!!

まず、全体の伸ばす声の尺を5秒とし、1〜3秒は「アー」とただ伸ばすだけ。
4〜6秒で《サイレン》に切り替えましょう!!

1、2を続けて発声している状態を字で表現するならば「アーーー〜〜〜」て感じですかね!!



この《ステップ3》が出来るようになった時、本当の意味でビブラートが完成されるのです!!
つまり《ビブラート完成系》の習得です!!

口を開けて発声した状態で声を揺らす!!
まさにそれがビブラートなんです!!

いかがでしたか?

この《ビブラート完成系》以後ビブラートの形でよんでいきますが、次はいよいよ綺麗な形のビブラートについて書いていきたいと思います!!

 

by YAMA-CHANG ( PRODUCERS,INC )

yamachang プロデューサーズインク_ロゴ

【  関連記事 】