ボーカル

《歌が上手くなる方法》1ヶ月で習得できるビブラート練習法《Vol.1》!

ビブラート練習法《Vol.1》

〜ビブラートの元を取得せよ〜


皆さん、はじめまして。。。YAMA-CHANGです!!

アーティストを目指している方、それ以外でも只々歌を追求されている方、うまくなりたい方、などなど、それぞれの理由で日々精進されていることと思います!


今日、紹介させて頂くYAMA-CHANG鉄板ネタは、、、「誰でも習得する事が出来るビブラートVol.1」です!!!

ん〜何と言っても歌上手さん、といえば、綺麗なアーチを描いたような歌い回し、しっかりと鮮麗されたビブラートですよね!!

今日はその、ビブラート についての練習法を、御紹介させていただこうと思います! 

   そもそもビブラートとは何か

ビブラート(伊: vibrato)とは、演奏・歌唱において音を伸ばすとき、その音の見かけの音高を保ちながら、その音の特に高さを揺らすことである。

ビブラート|wikipedia

歌っている人が、曲の途中の節々に声を揺らして表現しているアレです!w

そしてなぜビブラートを使うのか、、、作文なんかの文章の途中や最後に、マル「。」がつきますよね、
その役割だと思ってください!


その「、」や「。」のような使い方をするので、私流のビブラートも当然、使う部分によって、尺の長さや太さも変わってくるわけです!

そしてそれを上手い事綺麗に操れるようになると、歌唱力の向上に繋がるわけです!



その綺麗に整ったビブラートとは、

大きく分けて3つの要素

で完成されています!

1つ、曲のジャンルに合わせた上下の音階の振りの調整。
2つ、フェードアウトの匙加減。
3つ、曲のテンポに合わせて揺らすことができる。

 

以上、3要素です
これが備われば、綺麗なビブラートになるのです!とはいえ、なんにせよ、まずはビブラート本来の形状を習得しなければなりません。

いわゆる《ビブラートの元》といったところでしょうか!?

   ここではまず、その《元》を伝授したいと思います!!

ではまず、唇を閉じた状態でいいので「ん〜〜」と声を出してみましょう!

次に音を少し下げて「ん〜〜」と声を出してみましょう!



ここでひとつポイント!!

この、「ん〜」×2はそれぞれ違う音程にしてください!

イメージは救急車のサイレンです

救急車のサイレンをイメージしつつ、「ん〜ん〜ん〜ん〜」
といってみましょう!

それこそがまさにビブラートの元なのです


いかがでしょうか?

次回、この続きからまた書きたいと思います!

以上、1ヶ月で習得できるビブラート練習法《Vol.1》!でした。

 

by YAMA-CHANG ( PRODUCERS,INC )

yamachang プロデューサーズインク_ロゴ

【  関連記事 】