作詞

歌手が歌詞を書くことのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歌手が歌詞を書くことのメリット

  歌が上手くなければ歌手になれないと思っているあなたへでは、

歌手を目指す人が歌詞を書くべき3つの理由をお伝えしました。

 

それでもまだ「歌詞なんて書けなくてもいいんじゃない?」と思っている人もいるでしょう。

その気持ちはとても良くわかります。

 

今はまさに「歌詞」の時代!

人が音楽を好きになるには様々な理由があると思います。

  • 歌声を聞くのが好き
  • サウンドが好き
  • メロディが好き
  • アーティストのキャラクターが好き

私ももともとは「メロディ」や「サウンド」から音楽を好きになったタイプなので

「歌詞」は二の次、もしくは歌詞の意味を理解しないまま聴いていた曲もありました。

 

しかし時代の流れとともに、今、歌詞は面白い発展を遂げているのをご存知でしょうか?

  SNSで歌詞が大拡散!

今やSNSは殆どの人が利用しているツールですが、特にTwitter上で面白い現象が起きています。

 

ブログなどとは違い140文字の制限があるTwitter。

そこで 

アーティストの歌詞を「つぶやく」人が急増しているのです。

 

そして更に興味深いのは、そのアーティスト自体を好きかどうかに関わらず

自分の心に響いた「歌詞」単体で使用しているというところ。

 

メロディも歌もない「言葉」のみの歌詞を部分的に切り取ってつぶやき、それに共感した人はリツイートしていく。

 

それがどんなアーティストのどんなメロディの曲か、ということに執着すること無く、

「言葉」としての歌詞から、全く知らなかったアーティストを好きになる。

今までにはなかった全く新しい音楽の広がり方が「歌詞」というアイテムによって、今まさに生まれているのです。

 

アーティストは、良い歌詞を歌うことで拡散される確立が高まると同時に、

それが本人が書いた歌詞であれば尚更、「カリスマ性」のあるアーティストとして認識されてゆくでしょう。

 

実際に「歌詞が良い」という理由からTwitter上で注目されているアーティストは、既に多く存在しています。

  言葉から始まる音楽の時代

ネットが普及した今の時代、YouTube , iTunes , SoundCloud など、音楽はいたるところで聞くことが出来ます。

しかし、それは音楽だけでなく、言葉にも同じことがいえます。

 

今ほど「言葉」が影響力を持ち

更には「言葉」が独り歩きする時代 があったでしょうか?

 

Twitterのリツイート、Facebookのいいね!、LINEのグループチャットでも

多くの人に「自分の言葉」を届けることが出来ます。

それは「自分が歌った歌」を届けることよりもはるかに簡単に、

そしてより多くの人に届けることが可能だということです。

 

まさに今こそが「言葉の時代」「歌詞の時代」といえるのではないでしょうか。

 

歌手を目指す人の最終目的地はもちろん「歌」を歌うことです。

しかし「言葉の時代」といわれる今、「歌詞」という拡散される可能性が最も高い手段を

みすみす見逃す手はないのではないかと、私は強く思っています。

 

by 純乃 吟 ( PRODUCERS,INC )

純乃 吟 プロデューサーズインク_ロゴ

【  関連記事 】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽スクールは、
新しい時代へ。


プロデューサーズインクとは
プロデューサーズインク